文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中のくらしの便利帳の中の税金から平成29年6月25日発生の地震による被害者に対する村税などの減免について
 この度の地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 平成29年6月25日に発生しました地震に係る被災者に対する村民税等の減免に関する条例が制定され、平成29年度分の村県民税などが減免されることとなりました。 
 減免の対象となる方は、平成30年3月31日までに被害認定調査、減免申請をした方で、建物被害の程度が半壊以上の方です。
 減免割合は次の通りで、平成29年6月末日以降に納入期限が到来する平成29年度分の税額が対象となります。


 村県民税

対象者:被災した家屋を所有する納税義務者
平成28年度分合計所得金額住宅が半壊又は大規模半壊
と判定されたときの減免又は
免除の割合
住宅が全壊と判定された
ときの減免又は免除の割
500万以下であるとき2分の1全部
750万以下であるとき4分の12分の1
750万円以上を超えるとき8分の14分の1

 固定資産税(土地)

対象者:被害を受けた土地を所有する納税義務者
被害の程度軽減又は免除の割合  
被害面積が当該土地の面積の10分の8以上であるとき全部
被害面積が当該土地の面積の10分の6以上10分の8未満である
とき
10分の8
被害面積が当該土地の面積の10分の4以上10分の6未満である
とき
10分の6
被害面積が当該土地の面積の10分の2以上10分の4未満である
とき
10分の4
 
 固定資産税(家屋)

対象者:被害を受けた家屋を所有する納税義務者
被害の程度軽減又は免除の割合
廃棄又は復旧不能なとき                     全部
大規模半壊と判定されたとき10分の6
半壊と判定されたとき10分の4

 固定資産税(償却資産)

対象者:被害を受けた償却資産を所有する納税義務者
被害の程度軽減又は免除の割合
廃棄又は復旧不能のとき全部
修理費が評価額の10分の6以上のであるとき10分の8
修理費が評価額の10分の4以上10分の6未満であるとき10分の6
修理費が評価額の10分の2以上10分の4未満であるとき10分の4

 国民健康保険税

対象者:被災した家屋に居住する人
平成28年度分合計所得金額住宅が半壊又は大規模
半壊と判定されたとき
の減免又は免除の割合
住宅が全壊と判定された
ときの減免又は免除の割
500万以下であるとき2分の1全部
750万以下であるとき4分の12分の1
750万以上以上を超えるとき8分の14分の1

 減免の申請の前に
 ※村県民税と固定資産税(家屋)、国民健康保険税については、り災証明書の判定に基づき、減免割合を判断させていただくため、減免申請の前に、り災証明書の申請をお願いします。
 既に、家屋の修理が済んでいる場合は、被災写真や修理費の領収書を基に被害の程度を判定させていただきます。被災状況がわかる書類を準備いただき、り災証明書の申請をしてください。
(り災証明書の担当は0264-48-2001総務課財産管理係まで)

 減免の申請について
 り災証明書の判定が半壊以上の方には減免申請書を送付させていただきます。必要書類を添付いただき、平成30年3月31日までに税務係へ提出ください。
 土地や償却資産についても該当があると思われる方は総務課税務係まで相談ください。

税目必要書類
村県民税(個人住民税)1.り災証明書 2.減免申請書 3.平成28年度分の所得証明書
固定資産税(土地)1.減免申請書 2.被災した土地の場所がわかるもの
3.被災写真 4.土地の見取り図 など
固定資産税(家屋)1.り災証明書 2.減免申請書 3.被災した家屋がわかるもの
固定資産税(償却資産)1.減免申請書 2.被災写真 3.修理費や新規購入費の領収書など
国民健康保険税1.り災証明書 2.減免申請書 3.平成28年度分の所得証明書
 




                                  担当:王滝村役場 総務課 税務係
                                  電話:0264-48-2001       
税金
お問い合わせ
〒397-0201
長野県木曽郡王滝村3623
王滝村役場 税務係
TEL 0264-48-2001
FAX 0264-48-2172
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172