文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の各課からのお知らせの中の総務課 からから火災がおきたら

火災がおきたら

火災(建物)がおきたら

1.早く知らせる

「火事だーッ」と大声で叫ぶ。小さな火でも119番通報する。当事者は初期消火にあたり、近くの人に「火事だーッ。消防車を呼んで」と助けを求める。

2.早く消す

消化は出火から3分以内が勝負。消火器や水だけでなく、座布団で火を叩く・毛布で火をおおうなど、手近なものは何でも活用する。

※天井に火が移ったら、消火器では消火できません。いさぎよく避難を。

避難する時は以下の点に注意する。

  1. 服装や持ち物にこだわらず、できるだけ早く逃げる。
  2. 煙の中を逃げる時は、できるだけ姿勢を低くして
  3. 避難は、お年寄り・子供・病人を優先
  4. いったん逃げ出したら再び中にはもどらない
  5. 逃げ遅れた人がいる時は、近くの消防隊にすぐ知らせる

消火器を使わない初期消火方法

油なべ・・・・

水は絶対にかけない。
濡らした大きめなタオルを手前からかけ、空気を遮断します。消えたらガスの元栓を締める。石油ストーブ・毛布などでストーブをおおってから、水をかけて消化する。

風呂場・・・

いきなり戸を開けると、火勢が強まる危険があります。徐々に戸を開けて一気に消火します。

電気製品・・・

いきなり水をかけると感電する可能性があります。コンセントをぬいてから水をかけ消火します。

衣類・・・

着衣に火がついたら、転げまわって消化。
浴槽に水があれば飛び込むか、頭から水をかぶる。髪の毛の場合は化繊以外の衣類やタオルなどを頭からかぶります。

カーテン・ふすま・障子・・・

火がついたら大変危険。
引きちぎったり、蹴り飛ばしたりして火を天井から遠ざけることが先決です。
総務課から
お問い合わせ・通報
王滝村役場
TEL 0264-48-2001
このページは役に立ちましたか?




 
このページについての要望などを入力してください
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172