文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の水と緑のふるさと寄付金から水と緑のふるさと寄付金
 

水と緑のふるさと寄付金

→ただいまの寄付金額→水と緑のふるさとブログ→村長メッセージ
水と緑のふるさと寄付金

~ご支援 ありがとうございます~

水と緑のふるさと基金は今年度で10期目を迎えました。平成26年度までに1,063名(含、法人その他団体様)から1,248件、81,686,408円の
ご厚志を賜りました。皆様のお力添えに感謝申し上げます。
寄附の状況は毎月、年間(期別)の寄附の状況や寄付を財源に行った具体的な事業は、毎年6月頃に報告書などで寄附者の皆様に公表
します。
   平成26年度(第9期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)1,618KB (平成27年6月作成)

ふるさと納税とは?

『ふるさと納税』とは、応援したいと思う地方自治体への寄附金のことで、2,000円を超える部分について、一定の限度まで住民税と所得税と併せて全額控除されます。
『ふるさと納税』のしくみは 総務省ふるさと納税ポータルサイト に詳しく説明されています。

「ふるさと」に貢献して、税も軽減されます

王滝村など地方公共団体への寄附は、いわゆる『ふるさと納税制度』により優遇税制を受けることができます。

 自治体に対してふるさと納税(寄附)をすると、ふるさと納税(寄附)額のうち2,000円を超える部分について一定の上限まで、原則として所得  税・個人住民税から全額が控除されます。


控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に確定申告を行うことが必要です。(原則)
平成27年4月1日以降、寄附された方で確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続の特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。
         

寄附金控除(ふるさと納税)の流れ


                     

    
  

   ふるさと納税ワンストップ特例制度
    
ふるさと納税をされた方が、ふるさと納税の寄付金控除を受ける目的以外で確定申告や住民税申告を行う必要がない給与所得者や年金所得者の方などである場合に、税務申告手続を簡素化する特例制度です。
ワンストップ特例を申請されると、寄附先の自治体(王滝村)から、寄附者の住所地の市町村に通知を行い、翌年度の住民税でふるさと納税
にかかる寄附金控除を受けることができます。(平成27年4月1日以降に寄附される方が対象です。)

申請書類 ①寄附金税額控除に係る申告特例申請書 (838kbyte)pdf
 
           ※2016年のマイナンバー導入に伴い「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」にマイナンバー(個人番号)の
           記入が必要になります。

         ※なりすまし防止のため「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーを申請書と一緒に郵送してください。
 
 「個人番号カード」を持っている「通知カード」を持っている「個人番号カード」「通知カード」
のどちらも無い人
個人番号確認の
書類
個人番号カードの裏のコピ通知カードのコピ個人番号が記載された住民票のコピー
本人確認の書類個人番号カードの表のコピー下記いずれかの身分証のコピー
・運転免許証
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。
下記いずれかの身分証のコピー
・運転免許証
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。
 
  その他の番号確認、本人確認については総務省のWEBサイトをご覧ください。


        ②申告特例申請事項変更届出書 (249kbyte)pdf

◆ご注意ください
 ワンストップ特例を申請された方が、確定申告や住民税申告を行った場合(医療費控除等による場合も含む。)や5ヶ所を超える市町村に
 申請を行った場合は、ワンストップ特例は無効になります。


寄附金をお寄せいただく方法


1.郵便局で払込み(手数料は不要です)
2.
クレジットカードでお支払い(手数料は不要です)


こちらからお申込み下さい。
ふるさとチョイス
※クレジットカードの利用金額は、5,000円以上からになります。
JCBUCVISA


今まで通りの申し込みも可能です。まずはお電話(0264-48-2001)ください。くわしくご案内させていただきます。
寄付金方法
三角手順1、2
電話、FAX、メール、郵送のいずれかで、王滝村役場までお申し込みください。

  • 電話でお申込みの場合は専用振込票兼申込書(振込手数料無料)を郵送させていただきます。
  • FAX、メール、郵送の場合下記の「寄付申込書」にてお申込ください。到着後、振込票(振込手数料無料)を郵送させていただきます。

三角手順3
到着した振込票に必要事項を記入の上、郵便局にてお振込み願います。

pdfPDF版(8KB)WORDワード版 (30KB)

  • 寄付するときは、後述の4つの事業の中から希望するものをご指定ください。 
  • 複数の事業を選択することもできます。 
  • 使い道の指定のないものは、王滝村長が使い道を決定させていただきます。 
  • 個人名又は団体名を報告書などで公開を希望されるか記入ください。(意思表示のない場合は非公開とさせていただきます) 
★お申し込み先
電話
王滝村役場 水と緑のふるさと基金担当
0264-48-2001
FAX
0264-48-2172(FAX)
メール
otaki-kikin@vill.otaki.nagano.jp
郵送
〒 397-0201
長野県木曽郡王滝村3623番地
 王滝村役場
  水と緑のふるさと寄付金担当 宛
三角手順4 
ご寄付いただき次第、領収書(寄付証明書)を送らせていただきます。

  • 寄付の状況は毎月、年間(期別)の寄附の状況や、寄付を財源に行った具体的な事業報告は、毎年6月頃に事業報告書を作成し、寄付者の皆様に郵送いたします。(報告書はホームページで公表します。 )

王滝村の寄付制度

王滝村では平成18年9月に村内外からの寄付を通じた参加型の地方自治を実現し、王滝村の地域にあった活力あるむらづくりに資することを目的とした「水と緑のふるさと基金」を創設し寄付を募っています。「水と緑のふるさと寄付金」には下記の4つのメニューがあり、使い道を選んでいただくことができます。

木曽御嶽山の環境整備に関する事業森林整備及び水源涵養に関する事業

登山道や遊歩道、周辺環境の整備を行い、貴重な自然を守るとともに、より安全で快適に御嶽山や自然に親しんでいただけるようにする経費に活用します。

王滝村の森林は木曽川流域の貴重な水源となっています。豊かで健全な森林を将来にわたって上下流地域が共に保全していく経費に活用します。

整備された登山道
自然エネルギーの利用促進に関する事業教育の推進並びに文化保全及び育成に
関する事業

間伐材の利用など森林に囲まれた王滝村に適した自然エネルギーの利用を促進する経費に活用します。

森林とともに歩んできた地域の文化の保全や少人数化が進む中での子ども達への教育の経費に活用します。

王滝村役場玄関の蒔ストーブ
小学校の図書を使った授業

平成26年度に寄付金を財源に行った事業

平成25年度に整備した太陽光発電システムをはじめ、地域で確保できるエネルギー源を活用し、自立分散型のエネルギー供給体制の構築をすすめます。

 学校教育の充実をはかるため、小中学校の図書を購入しました。
80万円教育の推進並びに文化の保全及び育成に関する事業に寄せられた寄付金を積み立てた基金から繰り入れました。

たくさんの本が並ぶ図書室

8月の大雨、9月の御嶽山噴火、12月からの大雪などの影響で森林整備が難航しましたが、ヒノキ林17.63ha、カラマツ0.98haの間伐を実施しました。
有害獣被害対策として緩衝帯整備を2.20ha、ヒノキ林の樹皮剥ぎ防止テープ巻き1.64haを実施しました。
村有林整備事業の1,740万円のうち250万円森林整備及び水源涵養に関する事業に寄せられた寄付金を積み立てた基金から繰り入れました。

樹皮剥ぎ防止テープ巻き緩衝帯整備(有害獣対策)

平成27年度に寄付金を財源に行う予定の事業

平成27年度は、基金から330万円を使用する予定です。                                         (単位:千円)
施策メニュー
実施事業
事業費
基金充当額

森林整備及び水源涵養
村有林整備事業6,1292,500
教育の推進並びに文化の保全及び育成児童・生徒用図書整備事業800800
6,9293,300
             
 ※これ以外の事業については現在、検討中です。

ご注意ください

 王滝村むらづくり基金をかたった寄付の強要など、不当な請求が予想されます。詐欺などにご注意ください。これらを防止するため、王滝村むらづくり基金は寄付申込書を役場に送っていただき指定の口座へ送金していただくこととしています。

報告書

寄付の状況は毎月、年間(期別)の寄附の状況や寄付を財源に行った具体的な事業は、毎年6月頃にホームページなどで寄付者の皆様に公表します。

三角
平成18年度(第1期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)870KB  (平成19年6月作成)
三角平成19年度(第2期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)410KB  (平成20年7月作成)
三角平成20年度(第3期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)556KB  
(平成21年6月作成)
三角平成21年度(第4期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)970KB  (平成22年6月作成)
三角平成22年度(第5期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)1,066KB  (平成23年6月作成)
三角平成23年度(第6期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)1,123KB (平成24年6月作成)
三角平成24年度(第7期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)618KB (平成25年6月作成)
三角平成25年度(第8期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)996KB (平成26年6月作成)
三角平成26年度(第9期)水と緑のふるさと基金報告書(PDF)1,618KB (平成27年6月作成)

資料

三角王滝村むらづくり寄附条例(PDF)8KB   (平成18年9月制定)
三角
王滝村むらづくり寄附条例施行規則(PDF)10KB
三角
水と緑のふるさと基金パンフレット (1,012kbyte)pdf

お問い合せ先

王滝村役場 水と緑のふるさと寄付金担当
  〒 397-0201 長野県木曽郡王滝村3623番地
  TEL  0264-48-2001
  FAX  0264-48-2172
  E-mail otaki-kikin@vill.otaki.nagano.jp 
Adobe                      
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172