文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の村長のあいさつの中の平成18年度からようこそ王滝村ホームページへ

ようこそ王滝村ホームページへ

更新日: 2006年7月23日
 標高3067 mの御嶽山は今なお日本有数の霊山です。
 その雄大な裾野に広がる王滝村は深い森と高原、幾筋もの清流に恵まれ様々な動植物の生命の営みを育む自然の宝庫であり、木曽を代表する天然のヒノキ美林を有しています。1984年9月、王滝村を震源として突然襲った長野県西部地震を契機に木曽川下流域の人びとや愛知用水の受益者、そして地元住民など多くの方々が官民一体となって<森づくりをすすめています。
 豊かな森林は、木材資源のみならず、生活・産業の源である「水」を育み、緑のダムとして災害防止の重要な役割を担い、さらには森林浴や登山、自然型レジャーなどのふれあいの場として人々の心を潤しています。
 一方、長年『打ち出の小槌』として村の活性に寄与してきた村営のおんたけスキー場は入り込みが全盛期の一割にまで減少、債務の削減案などなどで、木曽中部5町村の合併協議が不調に終わり、自立を指向せざるを得ない状況下にあります。
 普通会計に併せてスキー場の債務をも一般会計で賄わなければならず、まさに財政破綻が現実のものとなりかねない危機的状況に達しています。
村では財政シミュレーションを作成、数値目標に向かって、まい進中です。
 財政再建を大前提に職員給与費25パーセント、特別職30パーセント・議員報酬40パーセントそれぞれカットしています。
 さらに、より効率的な行政運営をするための業務の見直しを行ないます。
 一方では経費の削減などに変わる村民サービスの創出、小さいことを強みとした村民にとって真に必要な行政サービスの創出や村全体の増収策の検討を皆様と一緒に考え進めてまいります。
 このたびホームページをリニューアルしました。可能な限り早く、詳しく情報をお伝えします。より多くの皆様に王滝村を知っていただければ幸いです。
王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172