文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の村長のあいさつの中の平成18年度から水と緑のふるさと基金について

水と緑のふるさと基金について

更新日: 2006年9月25日
 王滝村は長野県の木曽御嶽山をいただき、木曽ヒノキの深い森と高原、木曽川の源流となる幾筋もの清流に恵まれ、様々な動植物の生命の営みを育む自然にいだかれた人口約1000人の山村です。
木曽御嶽山は、信仰の山として、また、山岳観光の対象として古来より多くの方に親しまれてきました。「木曽ヒノキ」の豊かな森林は、私たちの生活を支えるとともに、中京の水源として清冽な水を供給し続けています。
 王滝村に暮らす私たちは、木曽御嶽山と豊かな森林とともに暮らし、その恩恵を受けてまいりました。今後も、この地で木曽御嶽山とその森林を守り、後世に引き継いでいくことは、私たちの使命であり、誇りでもあります。

 しかしながら今、水源地帯の山林、とりわけ私たちの王滝村をとりまく状況は大変厳しく、村の財政状況は、主要な財源であります地方交付税が大きく削減されたことに加え、地域振興のために投資してきたスキ-場に関する債務がスキ-客の減少とともに重くのしかかり、今後ともきわめて厳しい状況にあります。
 このままでは、近い将来、財政再建団体となることが必至の状況下にあって、私たちは深い自省とともに、地域の活力を失わず、大切なものを守り続ける道を模索しています。

 王滝村は、今までにも 木曽川下流域の人々や、愛知用水の受益者の皆様をはじめ、地元住民、全国から多くの方々のご支援ご協力で、官民一体となった百年後の森林づくりを進めてきました。おかげさまで、めざましい成果をみることができました。この度、さらに広く、村内外の皆様のご賛同とご参加・ご支援をいただき、御嶽山と森林を守り、むらづくりを進めて参りたいと考え、「水と緑のふるさと基金」を設立いたしました。

 どうか、王滝村のむらづくりに共感を賜り、ご支援いただきますよう、お願い申し上げます。 
王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172