文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の村長のあいさつの中の平成19年度から新年度にあたっての挨拶(職員への訓示)

新年度にあたっての挨拶(職員への訓示)

更新日: 2007年4月2日
 村内の融和無くして先へは進めない、と訴えた村長選で、多くの賛同をいただき就任いたしてより、二年度目を迎えました。どう頑張っても、平成22年には赤字再建団体に転落必至の状況のなかでのスタートでした。
 そんな中、管理職も含め職員の皆さんには賃金総支給額25パーセントカットという空前の痛みを負っていただきましたし、物件費はじめ歳出の徹底的削減と歳入が見込みを上回ったことから18年度は当初の想定より数値は改善傾向で推移致しました。
 村民の皆様はじめ職員の皆さんに支えられての一年でありました。この場をお借りしまして改めて感謝を申し上げます。
 また、職員給与につきましては19年度も20%の給与カットでご理解をいただきました。引き続き大変な痛みを負って頂いての業務の日々が続くわけであります。くわえて、厳しい時代の自治体職員として、皆さんの力量や積極性がこれまで以上に求められています。
 こうしたことから、モチベーションが維持できないと言う向きもあるかもしれません。もしそう思う職員がいたならば、今一度王滝村のおかれている財政状況の実態を把握していただきたい。把握した上で、やってられないと言うことであれば、今後向かわなければならない再建への厳しい道のりに耐えられるはずはない。のであります。
 この難局は、職員と、そして、村民の皆様と対話を重ね、協働作業を継続する中で、本村の将来像を共有し、私たち一人ひとりが常に強い意志、強固なミッションを持ってやり抜くことでしか突破できないと考えております。
 歳入増への努力はおこなってまいりますが収支バランスが劇的に好転することは見込めません。スキー場の債務を滞ることなくきちっと返済し、財政の再建に向け、着実に歩み続けることを最優先することが、肝要であり責務であると思っています。
 一方、財政的に立ち直っても地域として維持継続がかなわない状況になってしまっては元も子もありません。したがって、どのような地域を築いてゆくのか、また、何に力を注いでゆくのかと言った政策決定に、村民の皆様が、どんどん参画出来るよう、条件整備すること。このことが、財政を立て直すことと平行して押し進めなくてはならない課題だと思っています。
 村が目指すべき姿に向けて、どのように具体的に取り組んでいくかを、村民の皆様のご意見を伺いながら、先進地や有識者にも学びながら具体的方策の検討を行います。
現在本村は、大きな財政支出を伴う事業の実施は 困難な状況にありますが、県の地域発元気づくり支援金等を活用しながら、地域の活性化を進めてまいります。
 十九年度は職員数が五名減少したことで部署によっては、職員一人当たりの労働密度が高まった形になっていますが、将来を見据えた場合、まだまだ頑張っていただかなければならないと思っています。移動される四名の皆さんには新しい部署に対する不安もあろうと思いますが、この移動を一つの節目として新鮮な感覚を持って積極的にチャレンジされますとともに、職務遂行に不断の努力をされんことを期待いたします。
 増田参事におかれましては、引き続き当村のこの窮状を脱するお力になっていただきますよう心からお願い申し上げます。また、職員の資質向上を図る意味でもご指導いただきますようあわせてお願い申し上げます。
 自立プランに示されています職員の希望退職者を含めた、計画退職の問題は、この村が就労場所が少ない地域であること・過疎地特有の悩み・すなわち職員は地域にとって貴重な人材であること。こうしたことを十分考慮する中で慎重に判断すべきモノでありますが、職員組合の要望事項の退職金優遇措置(五条適用)は、引き続き継続致します。

 最後に最近聞いた言葉で『なるほど』と納得した言葉があります。「種の起源」の原作者チャールズ・ダーウィンの進化論の中の言葉であります。


    『最も強い者が生き残るのではなく、
     最も賢い者が生き延びる訳でもない。
     唯一、生き残るのは変化できる者である』 


 王滝の歴史において重要なこの時期に、また活力ある王滝を創り出すために、さらなる自己研鑽を心に、職務に励んでください。終わります。
 ありがとうございました。
 
王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172