文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の村長のあいさつの中の平成19年度から平成20年仕事始め訓示

平成20年仕事始め訓示

更新日: 2008年1月4日
 あけましておめでとうございます。 年末年始の降雪で除雪作業に当たっていただいた職員の皆さんには年のおし迫った中、そして新年早々しゅつどういただきました。ありがとうございました。 さて、新年度の予算編成につきましては例年より作業を早めることとしていますが、どう切りつめても自治体財政健全化法に基づいて導入されます実 質赤字比率・連結実質赤字比率・実質公債費比率・将来負担比率の新指標のうち当村は実質公債費比率で再生団体の不名誉な冠をいただくことは避けられそうも ありません。 このことは機会あるごとに職員各位にも申し上げてきましたし、昨年の10月に行ないました各区での懇談会でも説明をし、冷静であっていただきたい旨お伝えしてきました。 村の財政運営方針は、今まで通り債務の返済を最優先としてまいります。人件費はじめコストの徹底的なカット、そのことによって生み出した財源はスキー場の 債務返済にまず充ててゆくと言うことであります。計画ではあと3年でスキー場の債務返済は大方終わります。しかし、実質公債費比率を18パーセント以下の 数値に改善するには3年平均でカウントされますので、あと6年かかる見込みです。 平成21年には再生団体と言うことで、財政の健全化計画の策定や外部監査が義務付けられることとなります。 予算に対しての変更勧告など国の関与が強まりますが、現在のシミュレーションをさらに急激な改善をすべしと言うことにはならないかと思っています。いずれにしても厳しい状況は続きます。20年度の予算編成も

  1. 事務的経費を中心に徹底した経費の削減を引き続き行ない
  2. 財政再建と健全化に向けた取り組みを着実に進めつつ
  3. 限られた貴重な財源を安全性の確保や健康・福祉・教育・産業といった地域の維持・村民の生活の維持向上 のためにいかに有効に使っていくか
に配慮して編成することになります。 自主財源での事業が叶わない現状では、「水と緑のふるさと基金」は、当初予算の中に寄付いただいた方々の納得がいただけるような使い方を具体的 な形でお示しをし、その厚意に応えてゆかねばなりません。また、県の「元気づくり支援金」制度、さらには指定いただいた観光地再生プロジェクトへの取り組 みの重要性をひしひし感じています。 職員各位にはこうした状況を再認識しそれぞれの力を最大限発揮くださいますよう期待致します。 また、引き続き経費の縮減、限られた財源をどう有効に使っていくかをポイントに予算編成作業に当たってください。職員費のカット率につきましては皆さんの意志と忌憚のない話し合いで調停できますよう念じています。 予算で対応できないところは我々の真心で、心の絆のある地域を創っていきたいと思っています。 最後に、今年一年健康に留意し、皆さんが毎日毎日を大切に積みか重ねていくことに期待し、幸多き年となることを願いあいさつとします。

(平成20年1月4日 庁内会にて)
王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172