文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の村長のあいさつの中の平成23年度から昇龍の年を願って

昇龍の年を願って

(広報159号より) 

 満天の空に星なし歳篭り闇に歩運ぶ手を取りおふて

年頭に当たり、謹んで新年のお喜びを申し上げます。
昨年は東日本大震災とそれに伴う東電第一原発の重大事故というわが国の歴史を変えるような大きな出来事がありました。東日本大震災からは地震大国日本の現実を、原発事故からは科学技術の安全神話の崩壊を目の当たりにしたことで、日本の大地や自然、食べ物、日本人の生命といったものをあらためて考えさせられました。
また、国際化・情報化が進む中で政治・経済・金融といった分野では先の見えない混沌とした状況が続いています。被災されました地域の皆様には、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げるとともに復興元年のこの年が希望に満ちた一年になることを心より願ってやみません。王滝村はこれまでの財政健全化への取り組みにより、主要財政指標の一定の好転をみたところでありますが課題は山積しています。今期に限って村営で行っていますスキーリフトは現在新しい運営会社の公募中であります。
また、山村交流センターの運営につきましては、指定管理者からの事業の継続が困難との申し入れを受け、本年三月をもって児童生徒の山村留学事業は終了することとなりました。この施設の今後につきましては山村留学事業のみに限定することなく、どう活用すべきか幅広く検討を進めてまいります。来年度予算につきましては、財政指標が一応平均点まで戻ったことから一定の投資的事業を見込んだ予算編成を考えています。
ただ、財政規律をしっかりと保つことは当然でありますし、経費の縮減についても引き続き徹底しつつも、第四次長期振興計画に沿った中で、地域の維持・村民生活向上のための予算となるよう提案してまいります。
村政を取り巻く課題は複雑・多様化し、より厳しさを増していますが、未来の世代へ「安心と希望」のバトンをしっかり渡すという責務を果たすため、村民の皆様とともに歩を進めたいと存じます。
どうか村民の皆様には変わらぬご理解とご支援をお願いし、あわせて皆様方のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げ、年頭のごあいさつといたします。




王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172