文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の村長のあいさつの中の平成25年度から新年度を迎えて

新年度を迎えて

更新日: 2013年7月25日
(広報164号より) 

 近年、季節は穏やかに移ろうものではなくなったようで、いつになく寒く雪の多い冬でしたが、3月中旬からの暖かな日和により春の訪れは一気でした。
 時は卯月、多くの方がそれぞれの夢や希望に向かって新たな一歩を踏み出されたことと思います。入学、就職などを迎えられましたご家庭には、心よりお喜び申し上げます。
 今年度も希望の中にも緊張感をもって、心新たにスタートしました。
 東日本大震災から2年余りの時が経過しました。一刻も早い復興を願っていますが、被災地では今、尚、多くの方々が避難生活を余儀なくされていますし、国の復興予算が積み上げられている割には、まだまだ時間が必要のようです。今回の震災では「想定外」という単語が多用されるほど、日本という近代国家の根底を揺るがす、まさに「大災害」となったわけですが、一方で「危機管理」の重要性を再認識させることにもなりました。想像以上の災害が、常に起こり得ることを想定しておく必要があることから、家庭や職場、地域での日頃からの備えが重要です。地震等による大規模災害への対応など、現下の情勢に即して進める「王滝村防災計画」の見直しにつきましては、災害が発生しても被害を最小限にとどめる「減災」を基本に、村民の皆さまの防災意識の更なる向上を図るとともに、「情報収集体制」の充実や「避難所」の見直しなど、ソフトとハードの両面から防災対策に取り組まなくてはなりません。
 地域防災の要である消防団につきましては、近年の少子高齢化の進展や就業形態の変化などにより、全国的な状況に先んじて団員数は減少傾向にあり、定数を満たす団員の確保は非常に困難となっています。このため、この4月1日から組織をスリム化して消防団活動をより効率的な組織に改正しました。
 スキー場つきましては現地法人御嶽リゾートに運営をお願いしているところですが、今シーズンの入り込みは昨年対比34%増(3月末現在)で推移しているとのことで、喜ばしいことであります。5月中旬までの延長営業につきましても期待したいと思います。
 次に本村の財政状況ですが、健全化判断比率はすべての指標で健全水準に回復したことはこれまでもお知らせしていますが、最大で35億円に上った「スキー場債務」はこの3月で全て解消しました。村民の皆さまをはじめ、関係各位に改めて感謝申し上げます。一般会計の借金は平成24年度末で、20億6,500万円残っていますが、このうち15億3,500万円については、国からの普通交付税措置が担保されている(過疎債・臨財債)借金であることから、正味の借金残高は、5億3,000万円程度と言うことになります。一方、村の貯金(財政調整基金)は10億円弱まで積み上がっています。今後につきましては、当村の歳入の半分強が国からの仕送り(地方交付税)で占めていることから、国の地方政策の見極めが重要となります。国の動向次第では義務的経費の再度の見直しも検討しなければならない可能性もあることから、引き続き慎重な財政運営が必要です。
 こうした財政状況の中、今年度の一般会計当初予算の総額は、6億5,000万円余りと通常ベースでは、就任以来、最大の予算規模となりました。これまで後回しとされた事業について、予算化をさせていただきました。(第4次長期振興計画の策定に先立ち平成21年9月に実施し回答率84.6%、村民858名より回答いただいた村民アンケートに寄せられた要望の中から予算化が可能な事業を優先しました。)当然のことではありますが、平成32年度までの「道しるべ」として制定した『第4次王滝村長期振興計画』に沿った内容ですし、来年度以降も一貫性をもって粘り強く「村の将来像の具現化」に向け取り組むことが必要であることは言うまでもありません。
 さて、私が村民の皆さまから2期目の村政経営の負託をいただき3年が経過しました。新年度は、早くも任期最終の締めくくりの年に当たります。
 財政再建への取り組みを優先せざるを得なかったことから、インフラ整備を始め本来、行政が行うべきことが周回遅れになっていることは否めませんが、財政危機に立ち向かう中で培った一体感や村民力を基盤に、課題をクリアーしてゆくことが責務と勤めてまいりました。福祉や健康、子育て等、住民の皆さんの暮らしにかかわる事業等については一定の水準を保っていると自負をいたしていますが、人口減少や少子高齢化の進行、経済の柱となる産業の振興など、大きな課題に直面している村の現状は改善されていません。この点、力不足を痛感しています。残任期間、精一杯努めさせていただきますので村民の皆さまの変わらぬご理解と、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172