文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEの中の村長のあいさつの中の平成27年度から平成28年仕事始め 村長訓示

平成28年仕事始め 村長訓示

更新日: 2016年1月4日
 新年 明けましておめでとうございます。
 この年末年始は、ここ数年にない穏やかな年末年始となり、特に、昨年と比べると、若干拍子抜けと感じた職員諸君もあったかと思います。
 年頭にあたり、村民お一人おひとりが、健やかに過ごせますこと、この王滝村が少しでも前進することが出来る粘り強い一年となること、さらには、日本国の弥栄を皆さんと共にお祈りするものです。
 この年末年始、宿日直等で勤務いただきました職員には、心からお礼を申し上げます。ご苦労様でした。職員各位には、どうぞ本年も健康に十分留意され、村民の期待に添うべく、業務に邁進していただくよう、お願い致します。
 今年の干支は「申」ということで、有害防除対策を実施している側からすると、お猿さんにあっては、せめて、申年の間は、おとなしくしていただきたいと、心から念ずるものです。
 さて、国レベルでは、平年と比べ、異例に早く通常国会が本日召集されております。今国会では、冒頭に麻生財務大臣による財政演説が行われ、続いて第1次補正予算が審議される予定と聞いております。
 国会審議においては、昨年成立した「平和安全法制」を始め、TPPの国内対策、来年4月に予定される消費税率の改定による軽減税率導入に伴う財源問題など、国民生活に直結する様々な諸課題を、国民に解り易くお示しいただきたいと思います。
 また、平成二八年度予算については、年度内成立を図り、地方への影響が生じない国会運営を願うものです。
 昨年四月、まち・ひと・しごと創生本部会議において、安倍総理大臣は「本年(平成二七年)は、地方創生元年です。地方版総合戦略の策定、実施が開始され、地方創生を成功させ、その取組をスピードアップさせなければなりません。」と、述べています。
安倍首相の発言どおり、国の今年度の補正予算案、来年度当初予算案では地方創生関連経費が数多く盛り込まれています。これらについては、職員個々のアンテナを高くして、情報の収集や、実施事業への取り込みなど、積極的に活用するよう、検討をお願いするものです。
 村内に目を転じますと、一昨年の御嶽山噴火災害から一年三ヶ月ほどが経過しました。
当村の冬季経済の中心を担う「おんたけ2240」は、雪不足により営業開始が遅れたものの、昨年の暮れに、ファミリーコースも含め、ほぼ全面の滑走が可能となりました。
下流域市町への宣伝も功を奏し、十二月の入込者数は、一昨年とほぼ同数の1万1千人を確保することが出来ました。栗屋総支配人によりますと、この年末年始は「おんたけには雪があるぞ」という口コミにより、多くのお客様にご来場いただき、チケット売り場では最大40分待ちの状態だったそうです。昨シーズンは雪はふんだんにあったものの噴火による規制により、この時期、営業がかなわなかったことを思えば、うれしい滑り出しといえます。
総合戦略の本格的実施と、後期基本計画実践初年度なる平成二十八年度が王滝村にとって「地方創生元年」となります。昨年の十二月には実施計画のヒアリングをさせていただき、今月前半からは当初予算査定を実施させていただきます。当村には、噴火災害からの復興、経済支援、雇用対策等々、様々な課題が山積しています。個々の職員自らが課題を見出し、課題解決に向け積極的に取り組むことで、始めて総合戦略や基本計画が現実味を帯びるものとなります。職員諸君全員が常に村民と向き合い、常に情熱をもって日常業務を実践され、「小さくても一人ひとりが輝くむら・王滝」づくりに渾身を込めて職務に精励いただきますよう、お願いを致します。
本年が皆さんにとりまして幸多き一年となりますよう、心からご祈念を申し上げ、新年にあたっての挨拶とさせていただきます。
本年もよろしくお願いいたします。

平成28年1月4日 瀬戸 普
王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172