文字サイズ
文字を縮小標準サイズ文字を拡大
English中文簡体中文繁体한국어
王滝村王滝村
王滝村の概要イベント・行事村へのアクセス観光ブログ
現在位置:HOMEから平成29年 年頭のあいさつ

平成29年 年頭のあいさつ

更新日: 2017年2月1日
(広報王滝より)

 今年の年明けは、底冷えもなく、積雪も見られない穏やかな新年の幕開けとなりました。小寒を過ぎたとたん、降雪もあり、例年通りの冬らしくなりました。

 戦後最悪の火山災害となった平成26年の御嶽山噴火から2年4ヶ月余りが経過しました。気象庁の観測によりますと、御嶽山の火山活動は穏やかな低下傾向が続いているとのことです。今年も御嶽山は多くの雪に覆われていますが、今なお、ご家族の元に戻ることが叶わない五人の方の魂が、三度目の厳しい冬を越えようとしています。行方不明者の方々が一日でも早く発見されることを、衷心よりお祈りいたします。

 昨年を振り返りますと、幸いにも当村においては大きな事故、自然災害は発生せず、穏やかな一年間でした。しかしながら、日本全国では、昨年4月に熊本地方で、9月には山陰地方で大きな地震が発生、また、7月には鹿児島桜島で爆発的噴火が観測されました。台風、豪雨災害も全国的に発生しました。

 昨年、長野県内では、新年早々に軽井沢町の国道で大学生ら15人が死亡する大変悲惨な交通事故が起きました。スキー場を抱える当村にとっても看過できない事故でした。そんな中、王滝村では「交通死亡事故ゼロ」の記録が30年に達しました。交通安全協会による地道な啓発活動について、感謝を申し上げるとともに、村民お一人おひとりの交通安全に対する意識の高さによるものと、大変心強く思っております。

 昨年の暮れ閣議決定された平成29年度政府予算案では、「一億総活躍社会の実現」、「働き方改革」を重点とし、経済再生と財政健全化の両立を実現するとしています。予算総額は過去最大となる97兆4千億円余りの規模となっています。歳出予算の内、地方交付税は昨年を若干上回る15兆5千億円余りが計上されています。日本は主要先進国の中でも財政状況が悪いとされていますが、来年度の国予算においても、歳入の3分の1以上を国債に頼る厳しい財政状況となっています。

 村の新年度予算については、現在査定作業を進めております。村の予算においても歳入予算のほとんどを依存財源に頼っている状況です。限られた財源でより効果的、効率的な行財政運営を図るべく、予算編成を行うこととしております。

 平成29年の干支は、ひのと「酉」でございます。王滝村において過去の酉年を顧みますと、昭和8年には、村内で電話の運用が開始され、終戦となる昭和20年からは、カスミ網による捕鳥が禁止となりました。世の中が「なべ底不況」となった昭和32年には牧尾ダムの本体工事が着手されました。高度経済成長期も終盤に差し掛かった昭和44年には、御岳高原において別荘地の開発が始められています。時代が平成へと下り、平成5年には「王滝の湯」がオープン、そして平成17年、王滝村は近隣町村との合併を断念し、自律する村づくりを歩み始めました。

 酉年は「革新の年」と云われますが、王滝村においても酉年は「ある意味で」革新の年であったといえます。平成29年が「革新の年」となることを祈り、年頭の挨拶とさせていただきます。


平成29年1月31日 瀬戸 普
王滝村長
瀬戸 普( せと ひろし)
1949年7月21日生まれ
2014年2月12日3期目
水と緑のふるさと寄付金
水源の森づくりパートナー募集中
水と緑のふるさとブログ
空から見る王滝村
村議会
村の施設
王滝村役場
王滝村保健センター
王滝村保育園
松原スポーツ公園
銀河村キャンプ場
公民館
学校
お問い合わせ個人情報保護方針利用規約サイトマップ
王滝村役場
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3623 TEL:0264-48-2001 FAX:0264-48-2172